会社名 江戸川鍛工株式会社 
Edogawa Drop Forging Co.,Ltd.
住所
〒132-0021
東京都江戸川区中央3丁目21番20号  
MAP
創業 大正7年9月
資本金 1,120万円
代表取締役 傳谷 俊雄
従業員数 41名 (2017年8月現在)
工場敷地面積 5,708u
取引銀行 三井住友銀行新小岩支店
千葉銀行小岩支店
みずほ銀行西葛西支店
東京都民銀行小岩支店
商工組合中央金庫深川支店
主要取引先
(五十音順)
井関農機株式会社
住友建機株式会社
那須電機鉄工株式会社
日本ケーブル株式会社
株式会社丸山製作所  他
大正 7年 9月 江東区深川住吉に伝谷鉄工所として創業
昭和13年 3月 現工場を第二工場として増設し、事業拡大
横須賀海軍工廠の監督工場に指定され、魚型水雷部品等を製作
昭和20年 3月 大空襲の際、深川第一工場が焼失したため、現第二工場に主力を集中し運営
昭和25年10月 江戸川鍛工株式会社と名称変更
昭和35年 4月 資本金を増額し、資本の充実を図る
受注増加に伴い、増産体制を整える為鍛造機を増設
昭和42年10月 事業の拡大を図る為、サンドブラスト部門を新設
昭和44年 7月 事業の拡大を図る為、摩擦圧接部門を新設
昭和52年 7月 受注増加に伴い、増産体制を整える為、1600tプレス機を増設。昭和13年建造の木造鍛造工場を取り壊し、鉄骨ストレート鍛造工場を建築 機械の配置改善、作業環境の改善を図る
昭和57年 3月 省エネルギー、品質向上、生産能力の拡大を図る為、ビレットヒータを設備
平成 3年12月 工場敷地の有効利用の為、工場内にキュービクル式高圧受電設備を設置
平成15年11月 金型製作の内製化をさらに進める為、、金型部門を増設
平成18年10月 サンドブラスト部門を閉鎖
平成24年 4月 加熱燃料を重油から都市ガスへ変換
平成25年 3月 エコアクション21認証取得 

会社案内

事業内容

■鍛造部門  普通鋼、特殊鋼、ステンレス型打鍛造
(農業用機械部品、建設機械部品、その他精密鍛造及び加工)
 鍛造
   製品案内
摩擦圧接部門  普通鋼、特殊鋼、ステンレスなどの摩擦圧接   摩擦圧接
   製品案内
■金型部門 ハンマー・プレス用金型の製作   金型紹介
 

沿革